手術終わりました(120日目)

  • 2010/01/31(日) 10:42:46

報告が遅くなってしまいすみません

昨日ターちゃんの手術が無事終わりました


会社を早帰りさせてもらい面会へ
久々の集中治療室です。

ターちゃんの頭はなぜか斜め半剃り
なかなかイケてますょ(笑)
全剃りぢゃないんですね

鏡見たとき自分の髪型にびっくりするやろなぁ
それにしても手術跡はやっぱり何回見ても慣れないもんですね

手術後でかなり疲れてるみたいやったので、昨日は10分程で帰ってきました

また経過など報告しますね

手術日程が変わりました(117日目)

  • 2010/01/28(木) 15:32:50

ターちゃんの手術日が29日(金)午後から30日(土)午前に変更になりました
手術室の都合で変更になったみたいです。

ターちゃん的には手術の日は何も食べれないから午前中になって良かったそうです
最近はめちゃ食欲旺盛なので、午後の手術だと朝と昼のご飯が食べれず辛いみたいで

30日ぺーは仕事なので、職場からの応援です


手術日は部屋が移動になるので、荷物は病院のコインロッカー(有料)に預けます

移動をラクにするため、ちょっとづつ荷物を持って帰ってはいるんですが・・・
これが想像以上にかなり多くて

毎日持って帰ってもまだあります

友達からの差し入れのマンガや本、ターちゃんが自分で買った本、クリスマスのプレゼントや使わない衣類などなど...

こんなによくまぁ収まっていたなぁと感心です


そういえば、昨日入院以来初めてケンカしました
入院中は心配でケンカどころじゃなかったんですが・・・

昨日は溜まったものがパァ〜ンっと出てしまい

でも、もう仲直りしたんで大丈夫です(笑)
久々のケンカはなんか新鮮ですね

ぺーもターちゃんもケンカできるくらい余裕が持てるようになってきたってことでしょかね

いよいよ3日後(115日目)

  • 2010/01/26(火) 07:43:39

いよいよ手術が3日後に迫ってきました。
ターちゃんは不安いっぱいのようです
はぁ〜早く4日後になれ〜〜〜


ここ数日の出来事

ご飯が足りなくて買い食いに走っていたターちゃん。
あまり体にも良くないやろうし、なんといっても出費がかさみます

そこでダメもとで「ご飯足りないんですケド...」と言ってみる事に・・・

するとあっさりご飯の量を大盛りにしてくれました
なんでも言ってみるもんですね


ターちゃんは4人部屋なんですが、隣のベットはめちゃ回転率がいいです
平均2〜3日で皆さん退院していきます

夜中までTVつけてまぶしい人
歯ぎしりが大きい人
イビキがすごい人etc様々・・・。

新しい人が来るたびに今度はどんな人なんやろっと興味津々
今の部屋で1番長いのはターちゃんです。
すっかり部屋のヌシになってきてますね

今回の人も今日退院されるみたいです

ちょっとだけなら入院生活も新鮮かもやけど、さすがに何ヶ月もいると気が滅入るやろなぁ
やっぱり家が一番落ち着きますよね

手術の日程が決まりました!(111日目)

  • 2010/01/22(金) 07:03:17

長らく日記を空けてしまいすみません
こんな拙い文章のブログを見て下さっている方がいるというのは本当にありがたいことです

ターちゃんが退院し、社会復帰を果たすまでは更新し続けようと思っていますので、
どうぞよろしくお付き合い下さい


ターちゃんの手術日程がいよいよ決定しましたぁ

1月29日(金)
です。

やっと決まり、ホッとしたのが半分...
手術をするのがちょっと不安な気持ちが半分です


シャント手術の時は見事感染症になったターちゃんですが、
今回は感染症にならなければいいんですが・・・

ぺーも何度も手術を見守ってきて、ちょっとは肝っ玉は据わってきたかな??

髪もだいぶ生えてきてたけど、きっとまた剃るんでしょうねぇ
また日が近づいた頃に近況報告させて頂きまスっ


106日目

  • 2010/01/17(日) 16:53:17

お腹痛いです・・・。
賞味期限切れの角切りリンゴヨーグルトを食べたあとくらいから
お腹がピーゴロいってます


最近のターちゃんの日課と言えば、11階の売店でコーヒーを飲みながら
本を読むことらしいですほんとによくまぁここまで回復してくれたものです

昨日の面会の時も11階の売店デートをしてきました
ぺーもターちゃんもここ数日mixiのアプリにハマってます
お茶しながら携帯で遊びつつデートを満喫っ


そんな元気なターちゃんの姿に、担当の先生も骨を戻す手術さえ終われば
退院できそうやなぁと言ってくれました

もしかしたら来月の可能性も??


もっと長くかかると思ってたので、そうなったらめっちゃ嬉しいです

本当に寒いですね(103日目)

  • 2010/01/14(木) 07:03:29

今日もほんとに寒いですね
昨日なんか職場付近では雪が吹雪いてましたょ

病院に行く道中も寒さに耐えながらなんとか面会に行ってます
病院はあったかいんですよね
なので、ついつい長居すると外に出るのが恐ろしくイヤになる今日この頃

ところで昨年末、風邪引いたり咳が止まらんかったりと不調なぺーでしたが、
年末の病院最終日に検査に行ってきました
レントゲン検査は異状なし肺が痛かったのでホッと一息です

が、、、
 
呼吸の検査で引っかかってしまいました
どうやら気道が狭くなってるみたいで・・・

ぜんそく
と診断されました

マジですかぁ〜

まさかこの年でぜんそくを発症するとは思ってもみませんでしたよ
でも調べてみると割と成人してからでもなるようですね。

風邪をこじらせたりすると突発的に発症したりするらしいです
治療は始めが肝心らしく、1回で治る人もおれば2回3回、もしくは一生かかる人もいるそうで・・・

キツイめの薬を出されました
これが風邪薬も含めて8種類
朝・晩は薬の数が多くて錠剤2つ飲むやつもあったんで頑張って7粒+粉薬を飲んでました。

薬のお陰で年末年始は咳がだいぶラクに
でも、治りかけたと思ってたら・・・薬が切れて3〜4日目で再び咳が・・・
気道も気のせいか腫れている(ような)気がする

ぺーのことをタラタラと書いてしまいましたね
でも、この咳がやっかいで
職場でも電話対応時咳止まらず、
病院に居る時も咳をしてると周りの人に風邪やと思われてるんちゃううかなとビクビク。。。

病院受付には
「咳・熱など風邪の症状のある方の面会はご遠慮ください。」
ってデカデカと表示されてるし・・・トホホ・・・


そんなこんなで早くぺーも自分が病院に行かなアカンなと思いつつ気がつけば1月中旬

人間、いつ何が起こるか本当に分からないもんですね

ターちゃんは相変わらず元気にしています
食欲がめっきり増え、買い食いは毎日当たり前になりました
差し入れも全部ペロっと食べます

そういえば2日前に久々の血液検査があったようです
手術の日程が早く決まってくれればいいなぁ

100日目を迎えました☆

  • 2010/01/11(月) 07:45:25

ターちゃんがくも膜下出血で倒れ手術をしてから100日目
早いようで長かったような不思議な気分です

あの時の事を思い出すと、今が本当に幸せやなぁって感じます

順調に回復しているターちゃんですが、今月下旬にはいよいよ骨を戻す手術があります
命に直接関るような危険な手術ではないと分かってはいるんですが・・・
頭をまた開くと思うと心配で

ぺーがターちゃんやったら怖くて怖くて仕方ないやろなぁ...

きっとターちゃんも手術を早く受けて退院したい気持ちはあるやろうけど、
やっぱり手術自体は怖いやろなぁって思います

また麻酔掛けたり尿道に管を通したりするんかなぁって想像するだけで
あの辛かった日々を思い出して胸が熱く(苦しく?)なるし

だから、最近はあんまり手術の事は考えんようにしてるんつもりなんですけど

やっぱり、考えてまうもんですね(笑)


外泊許可がおりるまで(97日目)

  • 2010/01/08(金) 13:22:01

ターちゃんは熱も36℃台と落ち着いていて、去年に比べるとすこぶる元気です

そこで今日はちょっと前の出来事について書いてみようと思います


年末年始、2泊3日の外泊ができたのは先日の日記にも書かせて頂きましたが、
そこに至るまでにちょっとしたドタバタ劇がありました


担当の先生が年末年始の外泊を検討しているという話を看護師さんから聞いたターちゃん。
私も嬉しくて現実になったらいいねと2人で話していました

数日後、ターちゃんはお兄さん(次男)が面会に来た時、嬉しくてそのことを伝えました。
すると、お兄さんは反対したそうです

ちょうどそんなやりとりの最中に面会に来たぺーは、その話を聞いて思わずお兄さんに
反論してしまいました

その後も本人の意思とは関係なく、家族会議が行われたようで、結果『反対』
お兄さん(次男)が強く反対されたそうです。


*ターちゃんのご両親はわりとご高齢で、次男とターちゃんも年が10歳離れています。
その為、家族間のことはこの次男のお兄さんが仕切ってるようです。


ぺーは憤りを隠せませんでした

もちろん心配で不安という気持ちは分かります。
でも、やり方に疑問を持ちました。
ここまで本人の意思をないがしろにしていいんやろか・・・。

お兄さん(家族)の言い分としては、ここまでせっかく良くなったから、何かあってはいけない。
というもの。

コレってちょっと無責任のような気がします。
確かに病院に居れば、外に出るより安全です。何があっても責任は病院側。

でも、それは簡単なことやけど、本人の為というよりは自分が安心したい為では??
と思ってしまったのです


反対された時のターちゃんの落ち込みよう、見てて辛かったです
もしぺーがターちゃんやったら、多少リスクがあっても年末年始は家でゆっくり過ごしたいと思うと思います

何より、まだ看護師さんからお話を聞いただけの段階で、先生の説明も聞く前から反対されるというのがショックでした

もちろん、先生の話次第では、ペーもターちゃんも外泊は諦めたかもしれません。
でも今回は先生からの提案。
話を直接聞くまでは、外泊の希望を持たせてあげたいぢゃないですか

話を聞いた上で話合って、やっぱりやめとこう...となるなら理解はできます。
でも、その前から一方的に反対って・・・。

お兄さんの口癖は「気持ちやで。気持ち。気もちで負けたらアカン」

でもずっと病院で過ごし、外にも出れないターちゃんの外出のチャンスさえ奪おうとしていて
言ってることとやってることちゃうやんっって(心の中で)思わず突っ込んでしまいました(笑)

ぺーはお兄さんやご家族の方に失礼だと思いながらも、ターちゃんのことを思うと黙っておれず
反論し続けました

せめて先生の話を聞いた上で判断して下さい



先生から説明のある日
次男のお兄さんは仕事の為、不在。
長男とお父さんとペーとターちゃんで話を聞くことになりました。

内容は先日書いたとおりです

先生は外泊するものだと思っていたらしく、話の途中4泊しても大丈夫とも仰っていました。

家族が反対している旨を伝えると、軽く微笑みながら
「無理して外泊はしなくてもいいです。ですが、外泊したからと言って感染症や状態が悪くなることはありません。」と言ってました。

中には骨を戻さないまま退院したり外泊するケースもあって、特別なことではないそうです。

また、外泊することでリハビリにもなるし、日常生活に慣れておく必要はあるとも仰っていました。

話がここまで来て、ぺーとターちゃんはニヤリっ


お父さんもお兄さん(長男)も話を聞いた後は、外泊をOKして下さいました。
心残りは次男の方ですが・・・
一番反対してた張本人に先生の話を聞いて欲しかったです。
結局、バタバタ忙しかったのかお兄さん(次男)とは一度も会っていません。
ターちゃんの両親とお兄さん(長男)にはお正月に挨拶に行きました

あぁ〜めちゃグチな内容になってしまいましたね
今となっては外泊できて本当によかったと思っています
ターちゃんも益々早く退院したくなった頑張るって言ってました

ただ、ここに至るまで家族との付き合いに悩まされた日々でした
将来の事を考えると、あまりいざこざは起こしたくないんですけどね

友人に「長い付き合いになるからこそ、我慢せず思いを伝えてよかったやん」と言われ
ちょっと救われたぺーでした